3シリーズ E46 320i エンジン不調、エンジンチェックランプ点灯

 |  | 

 

こちらのお車は、一昨年前にお買い上げいただいたS様の’01の320iMスポーツです。症状は、エンジンが揺れてエンジンチェックランプが点灯するとのことです。

1気筒死んでいるような、アイドリング不調でエンジンチェックランプも点灯しています。

早速テスターで診断してみます。故障コード2つ残っています。一つは、イグニッションコイルの5番シリンダーが不良のようです。二つ目のトラブルコードは、写真を撮り忘れてしまいましたが、燃料タンク通風S/Vと出ていました。フューエルタンクベンチレーションソレノイドバルブと言う意味だと思います。以前E39の530iでも交換しました。変わった症状は出ませんが、エンジンチェックランプが点灯します。

早速イグニッションコイルを交換します。エアコンマイクロフィルターのハウジングを取り外しエンジンのカバーを取り外します。5番のイグニッションコイルを取り外します。

左が新品のイグニッションコイルです。11,500円(税別)右が車についていたコイルです。プラグのスリーブは、付け替えます。

スパークプラグも交換します。1本2,860円(税別)BMWのスパークプラグ4本足です。イリジュウムではありません。

タンクベンチレーションソレノイドバルブこの部品は、TEバルブと言えば注文できます。10,800円(税別)取付け位置はサージタンクの下です。

これがTEバルブです。

最後にトラブルコード消去して作業終了です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で