Home » 絶対直す!修理実況! » 1シリーズ » E87 » 1シリーズ E87 116i DSC警告灯点灯 舵角センサー交換

1シリーズ E87 116i DSC警告灯点灯 舵角センサー交換

こちらの車両は、地元愛知県名古屋市内にお住いのO様の’07年式 E87 116iです。
前回テスターでの診断結果が、舵角センサーの不良でしたので、今回交換でご来店いただけました。

警告灯点灯しています。
舵角センサー(ステアリングアングルセンサー)をリペアキットで交換です。

エアバックモジュールを取り外しました。
手順は、ハンドルの裏にサービスホールがありますので適当な道具(自分はピンポンチを使いました)でモジュールのストッパースプリングを解除いたします。

ステアリングを取り外しました。
16mmのボルトを外せば、抜けます。

コンビネーションスイッチを取り外しました。
コラムカバーを先に取り外しました。
フックで止まっているだけです。

コンビネーションスイッチASSYです。

分解いたします。

リペアキットです。

ピックアップレンズとローターを交換いたします。

交換いたしました。

テスターを繋いでトラブルコード消去いたします。

2個目のトラブルコードです。

3個目のトラブルコードです。

4個目のトラブルコードです。

5個目のトラブルコードです。

トラブルコードを消去しておきました。

警告灯も消灯いたしました。
舵角センサー交換だけなら、コーディングは必要ありません。
一度車を走らせないと、舵角センサーが反応しないです。
今は、ハンドルの切れ角が許容範囲なのでセンサーの調整は必要なさそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で