E46 ドアミラー 構造

 |  | 

こちらは、’05年式 E46 318iMスポーツの右ドアミラーです。
構造を見て下さい。

新品ドアミラーには、カバーとガラスが付いていませんので交換の際は移植になります。
ドアミラーガラスは、中央の丸いところに爪で掛かっています。手で外せますが強引に外そうとすると、ガラスが割れます。(クーペは、割れやすいです。)
中央の丸い部分には、高さ調整用のモーターと左右調整用のモーターが付いております。
左の2本の配線は、ミラーヒーター用の配線です。
ドアミラーカバーを取り外すには、先にミラーガラスを取り外してから、4箇所の爪を起こして取り外します。
写真上がドアミラーカバーの内側です。爪の位置が分かります。

こちらは、外側です。
カバーだけ取り外そうとすると爪が割れますので、必ず内側から取り外します。
新品ドアミラーカバーは、色付きではないので塗装が必要です。

違う車種のBMWでも基本の構造は、同じです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で