1シリーズ F20 116iエンジンストールエンジン掛からなくなった

こちらの車両は、地元愛知県名古屋市内にお住いのT様の’14年式 F20 116iです。
以前からドライブトレーンが点灯してエンジンストールすることがあったそうです。
エンジンを掛け直せば、エンジンは再始動していたそうです。
今回は、エンジンストール後再始動しなくなったということで、レッカーサービスでご入庫いただけました。
弊社に届いたときは、エンジン掛かりました。

テスターを繋いでみました。
トラブルコード出ています。

このトラブルコードは、ガス欠でも出るようです。
まずは、電動フューエルポンプを点検するようです。
エンジンは掛かるので、電動フューエルポンプ不動ではありません。

先にフューエルポンプリレーを点検いたします。
リアシートの右の背もたれの向かって左側の部分を取り外すと見えます。

フューエルポンプリレーを開けてみました。
蓋の方に焦げた跡があります・

写真だと解かり辛いですが、接点部分が焦げています。
エンジン掛かっていたので、全く電流が流れないわけではなさそうですが、間違いなく接触不良になります。
原因は、リレーだけではなさそうです。
とりあえず、リレーを交換すれば、接触不良してポンプが止まるということはなくなりそうですが、またリレーがすぐに焼けてしまうかもしれないです。
お客様とご相談した結果フューエルポンプも交換いたします。

フィードモジュール(フューエルポンプユニット)を交換いたします。

フューエルポンプユニットを取り外しました。
この部分のOリングも交換です。

フューエルポンプユニットです。
左が車に付いていた物で、右が新品です。

Oリングも同時交換です。
再使用すると燃料漏れする可能性がある為です。

交換いたしました。

フューエルポンプリレーも交換です。

フューエルポンプリレーです。
左が車に付いていた物で、右が新品です。

トラブルコードを消去いたします。

消去いたしました。
試乗して参りましたが、アクセル全開にしてもドライブトレーン点灯しません。
これで一度様子を見ていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で