5シリーズ E39 525i 修理

こちらの車両は、’96年式 E39 525iです。
今回は、修理でお預かりいたしました。
ABSの警告灯が時々点灯とエアコンの風が時々出なくなるとエアバッグランプ点灯です。

左フロントの車速センサーを交換いたします。
前回テスターで診断した時にトラブルコードが出ていた為です。
一度トラブルコード消去してありますので、今回はトラブルコード出ていませんでした。
ABSユニットも怪しいですが、この年式はO/Hのできないユニットが付いている為センサーを先に交換して見ます。
センサー不良もあります。

左フロントの車速センサーです。
ヘックス5mm2本で止まっています。
右が車に付いていた物で、左が新品です。

車に付いていた車速センサーは、被覆がボロボロです。
接触不良を起こしてもおかしくありません。
他の車輪のセンサーも似たような感じですが、今回はトラブルコードの出ていた車輪だけ交換いたしました。

新品部品取り付けました。
これでまた同じトラブルコードが出るようでしたら、やはりユニット不良です。

ファイナルステージ(ブロアファンレジスター)を交換いたします。
アクセスは、右側からです。
運転席のコラムカバー下のロアカバーとサイドトリムを取り外すと見えます。
ロアカバーは、タッピング3本とトルクス2本で止まっています。
カバーを浮かせたらゴングのカプラーを取り外します。
サイドトリムは、タッピング1本を取り外して後ろへスライドさせれば取り外せます。
ファイナルステージは、カプラーを取り外してフックを外せば引き抜けます。

ファイナルステージ(ブロアファンレジスター)です。
右が車に付いていた物で、左が新品です。

新品部品取り付けました。
あとは、取り外した部品を元に戻せば完了です。

エアバッグランプ点灯しています。

運転席のシートベルトテンショナーでした。
こちらの修理は、今回作業見送りになりました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で