3シリーズ E46 318i 車検

こちらの車両は、地元愛知県名古屋市内にお住まいのK様の’98年式 E46 318iです。
今回は、車検でお預かりいたしました。
点検は、K様と済ませてあります。

水廻りの修理と予防整備です。
エンジンリアのウォーターコネクターを交換いたします。
今回は、まだ水漏れしていませんがよく水漏れする部分です。
エアコンマイクロフィルターハウジングを取り外しました。
トルクス30 4本で止まっています。
ジャンプスタートケーブルとワイヤハーネスもホルダーから取り外しました。
バルクヘッドカバーも取り外します。
トルクス30 2本です。
左側は、パーテションプレート浮かせます。
クリップ2つです。
アクセルワイヤーホルダーからワイヤーも取り外しました。

ウォーターコネクターを取り外しました。
10mmのボルト2本で止まっています。
ホースも取り外しました。
ホースバンドとフィッティングです。
ボッキリ折れてシリンダーヘッドに残りました。
いつもこうなります。

取り除きました。
目視出来ず、スペースもありません。

ウォーターコネクターです。
上が車に付いていた物で、下が新品です。
車に付いていた物は、割れています。

サーモスタットハウジングを交換いたします。
こちらは、水漏れしています。
10mm3本で止まっています。

サーモスタットハウジングです。
左が車に付いていた物で、右が新品です。

車に付いていたサーモスタットハウジングです。
壊れていました。
組み付けは、取り外しと反対の手順です。
冷却水を注入して、水廻りは完了です。

エンジンオイル漏れの修理をいたします。
オイルフィルターハウジングのガスケットとOリングを交換いたします。
エアクリーナーケースを取り外しました。
向かって右側に10mmボルト1本です。
TEバルブとエアフロセンサーのカプラーを取り外して、エアインテークのダクトのバンドを緩めてエアフロセンサーごと取り外しました。

ファンベルトとクーラーベルトを取り外しました。
パワステポンププーリーの13mm3本を緩めてから、ファンベルトを外しました。
アイドラプーリーとパワステポンププーリーも取り外しました。

オルタネータを取り外しました。16mmのボルト2本です。下側は、パワステのリザーブタンクが邪魔になる為取り外します。10mmナット2つです。
ターミナルは、13mmです。カプラーも取り外しました。
ファンベルトテンショナーも取り外しました。ヘックス6mm2本です。
ベルトテンショナーは、いっぱい戻したところでピンを差し込んで、固定しておかないとヘックスが緩められません。

オルタネータブラケットを取り外しました。
13mmのボルト5本です。
パワステポンプも取り外しました。
13mmのボルト2本です。

オイルフィルターハウジングを取り外しました。
10mmボルト6本で止まっています。

ガスケットを剥がして、掃除して取り付け面はオイルストーンで面出ししました。

オイルフィルターハウジングとガスケットです。
右が車に付いていたガスケットで、左が新品です。
Oリングは、大きい方しか部品が、単品で出ない為小さい方は前回同様代品を使いました。
ガスケットは、液体ガスケットで貼り付けて、Oリングはラバーグリスでなじませます。
組み付けは、取り外しと反対の手順です。
ファンベルトとクーラーベルトは、亀裂が入っていた為新品に交換いたしました。

エンジンオイル交換です。

オイルエレメントも交換です。
エンジンオイルの量は、エレメントの分も合わせて4Lです。
パワステオイルは補充しておきました。

こちらは、フロントブレーキです。
取り付け状態問題ありません。
オイル漏れありません。
ブレーキパッドの残量十分です。

こちらは、リアブレーキです。
取り付け状態問題ありません。
オイル漏れありません。
ブレキパッドの残量十分です。

フロントスタビライザーエンドロッドです。
右2つが車に付いていた物で、左2つが新品です。
車に付いていた物は、ブーツ破れしています。

新品部品取り付けました。
こちらは、左です。

新品部品取り付けました。
こちらは、右です。

ホイールを取り付けて、増し締めとタイヤ(スペア含)空気圧調整しておきました。

灯火廻りも問題ありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で