3シリーズ E46 320i ブレーキキャリパーO/H

こちらの車両は、地元愛知県内にお住まいのU様の’02年式 E46 320iです。
今回は、ブレーキキャリパーO/H1台分とブレーキホースとブレーキパッドセンサー前後交換をご用命いただけました。

ブレーキオイルが抜けてしまう為、ブレーキフルードを補充しながら作業いたします。

フロントブレーキキャリパーを取り外しました。
表の弓形の固定スプリングを取り外して、裏側の7mmのヘックス2本を取り外しました。

ブレーキホースを取り外しました。
配管には、ブレーキオイルストッパーを取り付けました。

分解いたしました。
ブレーキホースの刺さっていたところをエアガンでシュとやれば、ピストンが飛び出します。
ピストンが飛んでいかないように木片をはさんで作業を行いました。
キャリパーO/Hキットには、ピストンシールとピストンブーツが入っています。
ピストンのみの部品供給はありません。
取り付けは、ラバーグリスを使います。
ピストンシールを取り付けて、ピストンブーツを装着してからピストンを挿入します。

組みあがりました。

ブレーキホースです。
左が車に付いていた物で、右が新品です。
ステンレスメッシュホースです。

取り付けは、取り外しと反対の手順です。
左も同じ作業をいたしました。

こちらは、リアのブレーキキャリパーです。
作業手順は、フロントと同じです。

組みあがりました。

こちらは、リアのブレーキホースです。

リアのブレーキパッドセンサーのカプラー側です。
右リアのジャッキアップポイントの後ろの辺りです。
写真の黒い方のカプラーが、ブレーキパッドセンサー用です。
配線は、トレーリングアームにホルダーで止めてあります。

取り付け完了です。

各車輪からエア抜きをいたします。
オイル漏れの確認をいたしましたが、問題なさそうです。

追加ご用命事項で、ABSの警告灯が時々点灯すということです。
テスターで診断してみました。
このコードは、ユニット不良です。
E46の後期型のユニットは、O/H出来ません。
ASSY交換で20万円以上掛かります。

トラブルコード消去いたしました。
今のところは、トラブルコード出ていません。
エンジン、A/Tは、トラブルコード入っていませんでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で