5シリーズ E39 528i 冷却水漏れ

 |  | 

こちらのお車は、地元愛知県清須市在住のH様の’98年式528iです。

クーラント漏れの修理をいたします。

修理内容は、ウォーターポンプ、サーモスタットハウジング、サーモスタット交換です。

早速作業に取り掛かります。

パワステオイル洩れしています。

ついでに修理します。

まずは、ファンカップリングを外します。

外しました。DD28は、下から抜き取れます。

次にファンシュラウドを取り外す為、ウォーターホースを外して置きます。

サブタンクエア抜きバルブとガイドを取り外します。

両サイドのクリップと左側のユニットを取り外します。

サブタンクをすらしてバイパスチューブを外します。

外しました、ラジエターホースのアッパーホースも外しました。

ファンベルトを緩める前にウォーターポンププーリーのボルト4本を緩めて置きます。

ファンベルトは、オートテンショナーなので、キャップを外してセンターのトルクス50を右回転させます。

(上の16mmをまわしても緩みます。)

ファンベルトを外して、ウォーターポンププーリーを外しました。

クーラント洩れの跡があります。

次にサーモスタットハウジングを取り外します。

右上の1本は、エンジンスリンガーと共締めの為先に取り外しました。

あとは、10mmのボルト3本です。

外しました。サーモスタットの向きを覚えて置きます。矢印が左です。

ウォーターポンプを取り外します。

ウォーターポンプをウォーターポンププライヤーで、ある程度ガタが出るまで揺らします。

10mmのボルトを取り付け左右均等に締めこみます。

サーモスタットハウジングの取り付け部を掃除して、オイルストーンで面を出します。

交換部品です。

右側が、車に付いていた部品で、左側が新品部品です。

上からウォーターポンプ、サーモスタット、サーモハウジングです。

こちらが、原因のウォーターポンプです。

Oリングの不良です。

シャフトからにじんだ跡もあります。

新品パーツ取り付けました。

パワステオイル洩れ修理もしておきます。

サブタンク下のインテークホースとリターンホースです。ホースクランプ交換します。

ホースクランプを社外のステンレスホースバンドに交換しました。

後は、外した部品を組み付けて、ラジエタークーラントを注入します。

エア抜きバルブを外しクーラントがあふれるまで注入したらバルブを閉めて、サブタンクにいっぱいまでクーラント入れてラジエターキャップを締めます。

エンジンを掛けて水漏れを確認して作業終了です。

最後にテスターで故障診断しましたが、トラブルコードありませんでした

今回は、冷却水漏れを早期発見できたので2次災害を防げました。

発見が遅れれば、オーバーヒートしたりクランクシャフトセンサーが壊れて路上で不動車になっていました。

今回の部品代

ウォーターポンプ13,400円(税別)

サーモスタットハウジング3,280円(税別)

サーモスタット5,260円(税別)

サーモOリング240円(税別)

H様 これからも宜しくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で