3シリーズ E46 318i 冷却水漏れ修理

こちらの車両は、’03年式 E46 318iです。
今回は、冷却水漏れの修理でお預かりいたしました。
原因は、シリンダーヘッドの後ろのカバープレートです。

最初にマイクロフィルターハウジングを取り外しました。
トルクス30 4本です。
次に、ハーネスホルダーからハーネスを取り外しました。
次に、バルクヘッドカバーを取り外しました。
トルクス30 2本です。
左側のパーテションプレートをずらしました。
クリップ2個です。
オイルフィラーキャップを外して、エンジンカバーを取り外しました。
カバープレートは、目視出来ない為、手探りで10mmボルトを4本取り外しました。

カバープレートを取り外しました。
分かり辛いですが、写真中央の穴が2つ開いているところです。

カバープレートです。
上が車に付いていた物で、下が新品です。
組み付ける前にシリンダーヘッドの取り付け面をオイルストーンで面出しいたしました。

冷却水漏れがないか点検いたしました。
問題ありません。
最後に補強プレートを取り付けました。
エンジンが冷えたら、サブタンクの量を調整して完成です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で