3シリーズ E90 330i 高速道路でオーバーヒート警告

こちらの車両は、地元愛知県名古屋市内にお住まいのT様の’06年式 E90 330iです。
今回は、高速走行中にメーターにオーバーヒートの警告が出たり消えたりしたということでレッカーサービスで入庫いただけました。
入庫時、ラジエターランプが点灯していましたのでオーバーヒートしていると思います。
テスターを繋いで見たところ、電動ウォーターポンプ不良のようです。
冷却水を補充して、症状を確認いたしましたがやはりウォーターポンプ不良で間違いなさそうです。

電動ウォーターポンプとサーモスタットを交換いたします。

エアクリーナーケースを取り外しました。
本体は、10mmボルト2本で止まっています。
エアフロセンサーのカプラーとエアインテークダクトのブーツバンドを緩めれば、外れます。
エアガイドも取り外しました。トルクス20です。

電動ファンを取り外しました。
左下にATオイルクーラーがトルクス25で止まっています。
上側は、右側にトルクス25が1本止まっています。
カプラーも取り外しました。

これでスペースができました。

電動ウォーターポンプとサーモスタットを取り外しました。
先にサーモスタットハウジングを取り外しました。
サーモハウジングは、10mmボルト2本でウォーターポンプに止まっています。
水温センサーのカプラーも取り外しました。
ウォーターホースも取り外しました。
ウォーターポンプは、逆トルクス10のボルト3本で止まっています。
カプラーからアース線が出ています。
逆トルクスの10で止まっています。

電動ウォーターポンプとサーモスタットハウジングです。
右が車に付いていた物で、左が新品です。

同時交換部品です。
ウォータポンプの取り付けボルトです。

交換いたしました。
あとは、取り外した部品を元に戻します。
冷却水を注入して、エンジンを掛けてみました。
今の所、冷却水漏れはなさそうです。

テスターを繋いでトラブルコードを消去いたします。
トラブルコードは、2つです。
電動ウォーターポンプのトラブルコードです。

こちらは、入庫時は入っていませんでした。
部品交換の際、カプラーを取り外したのでそれでトラブルコードを拾ったのかもしれないです。

トラブルコードを消去いたしました。

冷却水温安定しています。
電動ファンも回ります。

修理前にオーバーヒートしていますので、明日もう一度点検してみます。
問題がなければ、納車予定です。

エンジンオイル交換です。
追加で、ご用命いただけました。

オイルエレメントも交換です。
エンジンオイルの量は、6.5Lです。

エンジンオイルの量は、問題ありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で