3シリーズ E46 318iツーリングMスポーツ エンジンオイル漏れ水漏れ修理

こちらの車両は、地元愛知県名古屋市内にお住いのH様の’04年式 E46 318iツーリングMスポーツです。
今回は、エンジンオイル漏れと冷却水漏れの修理でお預かりいたしました。

一晩で、これ位のオイル漏れです。

エンジンの後ろの方が酷いです。
オイル漏れしている箇所は、バーノスソレノイドのOリング、タペットカバーパッキン、バキュームポンプ、エンジンオイルパンガスケット、オイルレベルゲージホルダーOリングです。

補強プレートを取り外しました。

バーノスソレノイドのOリングを交換いたします。

バーノスソレノイドを取り外しました。
オイル漏れの跡は、掃除しておきました。

バーノスソレノイドとOリングです。

交換いたしました。
詳しい手順は、N系4気筒エンジンのエンジンオイル漏れバーノスソレノイドOリングを参照してください。

タペットカバーを取り外しました。
タペットカバーパッキン交換とバキュームポンプをOHいたします。

バキュームポンプも取り外しました。

バキュームポンプです。

分解いたしました。
詳しい手順は、N系4気筒エンジンのエンジンオイル漏れバキュームポンプを参照してください。

タペットカバーとパッキンです。
下が車に付いていた物で、新品はカバーに装着済みです。

同時交換部品です。
詳しい手順は、N系4気筒エンジンのエンジンオイル漏れタペットカバーパッキンを参照してください。

次は、エンジンオイルパンガスケットとオイルレベルゲージホルダーのOリングを交換いたします。

エンジンを吊っておきます。

エンジンオイルパンを取り外しました。
取り付け面は、掃除しておきました。

エンジンオイルパンとガスケットとオイルレベルゲージホルダーのOリングです。
下が車に付いていた物で、新品はオイルパンの上に乗せてあります。
詳しい手順は、N系4気筒エンジンのエンジンオイル漏れオイルパンガスケットを参照してください。

冷却水漏れの原因は、ロックプレートでした。
シリンダーヘッドの後ろに付いています。
左が車に付いていた物で、右が新品です。

こちらは、ブローバイホースです。
上が車に付いていた物で、下が新品です。
車に付いていた物は、ホースが潰れてしまっています。
オイルフィラーキャップからオイルを吹いた跡がありましたので、これが原因かもしれないです。

交換いたしました。
オイルセパレーターとサージタンクに繋がっています。

オイル漏れの跡は、掃除しておきました。

オイルと冷却水を注入して、エンジンを掛けて漏れを確認いたしました。
問題なさそうです。

バキュームポンプとタペットカバーも、問題なさそうです。

ロックプレートも、問題なさそうです。

補強プレートは、掃除して取り付けました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で