5シリーズ E39 525iハイライン 修理

こちらの車両は、地元愛知県内にお住まいのH様の’03年式 E39 525iハイラインです。
前回ブレーキライニングスが点灯したと言うことで一度点検させていただいておりました。
原因は、フロントのブレーキでしたが、ディスクローターも段付磨耗していた為、部品をご用意してから再度ご来店いただきました。
エンジンは不調では有りませんが、エキゾースト側カムシャフトセンサーのトラブルコードが残っていた為今回一緒に修理いたします。

フロント右側から交換いたします。

ブレーキキャリパーを取り外しました。
手順は、手前側の弓型のスプリングを取り外します。次にブレーキパッドをこじって少しピストンを押し下げて後ろのキャップを取り外して、ヘックス7mm2本を取り外しました。

キャリパーブラケットを取り外しました。

ディスクローターのヘックス6mmを1本外します。
あとは、力技です。
ハンマーで叩けば、外れます。

外しました。

ディスクローターです。
左が車に付いていた物で、右が新品です。

段付磨耗しています。
この位段付磨耗すると、ブレーキを掛けていなくても軽く引きずっているような感じになります。
ブレーキパッドセンサーもディスクの耳で切断していました。

こちらは、ブレーキパッドです。
左が車に付いていた物で、右が新品です。

ブレーキピストンを押し下げる前にブレーキオイル少し抜いておきます。
ピストンシリンダーのオイルがマスターシリンダーに戻ってくる為、オーバーフローします。

取り付けました。
ブレーキパッドは、取り付けるときに耳にパッドグリスを塗ります。

左側も同じ作業をいたしました。

エキゾーストカムシャフトセンサーを交換いたします。

カプラーを取り外してみたら、理由は分かりませんが、1本断線していました。

配線修理いたしました。

カムシャフトセンサーです。
右が車に付いていた物で、左が新品です。
Oリングも同時交換です。

今回は、断線が原因だったのかもしれませんがこのセンサーが付いていれば、また不良になりますので交換しておいた方が安心です。

テスターを繋いで、トラブルコードを消去いたします。

消去いたしました。

ブレーキライニングスも消しておきます。
イグニッションONにして放っておけば、消えます。

消えました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で